会則

観光まちづくり学会会則

第 1 章  名称と事務所

(名   称)

第 1 条   本会は観光まちづくり学会(The Society of Tourism and

Community Design )と称する。

 

(事 務 所)

第 2 条   本会の事務所は会長所属の八戸工業大学長谷川研究室に置く。

2 本会の北海道支部事務所は北海商科大学商学部細野研究室に置く。

第 2 章  目的と事業

(目   的)

第 3 条   本会は観光まちづくりに関する学術の進歩および普及を目的

とする。

(事   業)

第 4 条   本会は前条の目的を達成するために次の事業を行なう。

(1) 会員の研究促進を目的とする研究発表会の開催

(2) 講演会および講習会の開催

(3) 調査研究および視察会の実施

(4) その他の本会の目的を達成するために必要な事業

第 3 章  組織と運営

(会   員)

第 5 条   本会の会員は、設立の趣旨に賛同し、観光まちづくりに関する

学術の進歩および普及を目的に実施される各種事業に参加を希望

する者をもって構成する。

会員は、個人会員および法人会員からなる正会員、学生会員、

名誉会員とする。

学生会員は、学部生のほか、大学院博士前期課程の院生まで含

めることとし、大学院博士後期課程の院生は個人会員とする。

名誉会員は、役員会において推薦し会員総会において承認する。

 

 

(会員の権利)

第 6 条   会員は本会の運営・企画する全ての事業に参加を希望するこ

とが出来、本会の編集出版物の配布を受けることができる。

(会費納入)

第 7 条   会員は次に定める年会費を納めるものとする。

個人会員は    5,000円

法人会員は 20,000円

院生会員は   2,000円

学生会員は    会費を徴収しない。

名誉会員は    会費を徴収しない。

(役   員)

第 8 条   本会の事業を運営するために次の役員を置く。

(1) 名 誉 会 長           1 名

(2) 会    長           1 名

(3) 副 会  長           1 名

(4) 顧    問           1 名

(5) 特 別 顧 問      1 名

(6) 事 務 局 長        1 名

(7) 事務局 次長      1 名

(8) 理    事           25名程度

(理事は名誉会長、会長、副会長、顧問、事務局長、事務局次長、特別顧問を含む)

(9) 監    事           若干名

 

(理事、監事)

第 9 条   理事および監事は正会員中から選出する。理事は本会の事業

運営の執行にあたる。監事は本会の会計を監査する。監事は理

事を兼ねることは出来ない。

(名誉会長、会長、副会長、事務局長、事務局次長)

第 10 条  名誉会長は会長経験者で本会の設立および発展に多大な貢献を

した理事から選出し、会長、副会長、事務局長および事務局次長は

理事の互選により選出する。

名誉会長は学会賞等の授与をする。

会長は本会を代表し、会務を総括する。

副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときこれを代理する。

 

事務局長は、第4条に揚げられた会務を総括する。

事務局次長は、第4条に揚げられた会務を分担し執行する。

 

(役員名の報告および任期)

第 11 条   選出された役員名は会員総会において報告され、承認を受け

なければならない。

役員の任期は2年とする。原則として承認を得た会員総会終

了時より次期改選年度の会員総会終了時までとする。但し重任

を妨げない。

 

(顧問)

第 12 条   本会に顧問を役員として置くことができる。顧問からは会費

を徴収しないものとする。

顧問は役員会において推薦し、会員総会において承認する。

 

(会員総会の構成と開催方法)

第 13 条   正会員をもって会員総会を構成する。本会の組織と運営に関

する最終決定は会員総会の決議による。

会員総会は通常総会と臨時総会とし、会長が主催する。

通常総会は毎年1回開催する。原則として研究発表会開催時

に行なう。

臨時総会は理事の過半数または正会員の3分の1以上の連名

による要求書の提示によって会長が召集する。

 

(会員総会の議決)

第 14 条   会員総会は会則の改正の場合を除き、正会員の5分の1以上

の出席によって成立し、議事は出席者の過半数の同意をもって

決定される。

出席は、委任状提出による出席を認めることとし、特に、法

人会員にあっては代理出席も認めるものとする。

 

(会員総会の議事)

第 15 条   通常会員総会には次の事項を含ませなければならない。

(1) 年次事業報告ならびに会務の審議

(2) 年次会計報告ならびに監査報告

 

(3) 研究発表会の開催に関する事項

(4) 役員改選年度においては役員の選出に関する事項

 

(議案提出の手続き)

第 16 条   正会員は、会員総会に議事を提出することができる。

議事の提案をしようとするものは、原則として、事前に提案議

事内容および提案理由を役員会に提出しなければならない。

 

(役 員 会)

第 17 条   本会の運営全般について協議するため、本会に役員会を置く。

役員会は、本会則第8条に定める役員で構成する。

役員会は、会長が招集し、役員の過半数以上の出席で成立するものとするが、役員に事故があるとき、または欠けたときは代理出席を認め、更に、委任状提出による出席も認めるものとする。

役員会は、毎年2回開催することとし、うち1回は研究発表会開催時に行う。会長は、役員会の議長となる。会長に事故があるときは副会長が議長となる。

 

(役員会の任務)

第 18 条   役員会は第3条の目的に基づき、第4条に揚げた会務を分担

し、遂行する。

 

(国際貢献部門)

第 19 条   本会則第4条4項に基づき、国際貢献部門を置く。

部門の中に会員の提案による部会を置くことができる。

部会の設置は総会の承認とする。

 

(支部)

第 20 条   本会則第4条4項に基づき、支部を置く。

支部の設置は総会の承認とする。

第 4 章  会   計

(経  費)

第 21 条   本会の経費は、会費、寄付金及び補助金等によって支弁する。

(会費納入)

第 22 条   会員は、当該年度の会費を10月末日までに納入するものと

する。

(会計年度)

第 23 条   本会の会計年度は、毎年4月1日より始まり3月31日で終わる。

(会計担当)

第 24 条   事務局次長が会計担当の任にあたる。

(会則の変更)

第 25 条   本会の会則の変更は、正会員の3分の1以上が出席した会員

総会において出席者の3分の2以上の同意によって成立するも

のとする。

出席は、委任状提出による出席を認めることとし、特に、法

人会員にあっては代理出席も認めるものとする。

 

第 5 章  雑  則

(規  程)

第 26 条   本会の運営上必要がある場合には、会長が内規を定めるこ

とができる。

附    則

(施行期日)

この会則は、平成13年12月8日から施行する。

この会則は、平成15年10月4日から施行する。

この会則は、平成18年10月21日から施行する。

この会則は、平成19年09月29日から施行する。

この会則は、平成20年11月23日から施行する。

この会則は、平成21年04月18日から施行する。

この会則は、平成21年10月17日から施行する。

この会則は、平成22年10月23日から施行する。

この会則は、平成24年10月27日から施行する。

この会則は、平成26年10月25日から施行する。

 

(施行の特例)

本会会則第23条の規定にかかわらず、平成13年12月8日から

平成14年3月31日までの期間は、平成14年度に含めることとする。